家・マンションに賢く住む方法
家やマンションを買う方も借りる方も、本当に楽しく気持ちよくそこに住めるのか、悩んでいることはないですか? このブログを読んで悩みを解消しましょう。
プロフィール

細麺堂々

Author:細麺堂々
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

人気ブログランキングへ

[ジャンルランキング]
ライフ
28169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
3498位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸と購入どっちがお得?
家やマンションを買う時、絶対に議論されるのが、「賃貸と持ち家どっちがお得?」ということ。
いろいろなサイトを見ると、価値観の問題でどちらでもよいとありますが、
これはライフスタイルに絡む部分があると思います。

当たり前ですが、学生の身分で購入というのはまずありえないですし、
転勤族では持ち家という発想には至らないでしょう。
逆に、高額な賃料を払っていたり、いい居住環境を求めるのならば、
賃貸よりも分譲や戸建を購入するほうが絶対にいいです。

結論から言うと、

賃貸より、持ち家のほうがお得です。
ただし、身の丈に合った物件を買うことが出来るという条件付きですが。

身の丈に合う、というのは、ほぼ間違いなくローン返済が可能な物件を指します。
例えば、会社が倒産し、次の仕事を探す間パートナーが代わりに返済出来るなど、
有事にもローン返済が途切れることがないようにしておく、ということです。

そのためには、ローン返済の間も常に預貯金を確保しておく必要があり、
無収入が最低1年は大丈夫というくらいの預貯金は必要でしょう。

賃貸も、隣人にいやな人がいた場合は簡単に引っ越せるなど、
身軽さが売りなところもあります。
しかし、いつまで経っても自分の不動産にはならないため、
そのしわ寄せは年齢を重ねるごとに高まるリスクが避けられません。
高齢になると、住める賃貸にも限りが出てしまいます。

持ち家であれば、たとえ転勤になっても貸すという選択肢が出来ますし、
団体生命保険に加入するので、もし世帯主が亡くなった場合は残された家族は
それ以降ローンの支払いをする必要がなくそのまま家で暮らせます。

そういう意味でも、今は賃貸だとしても、いずれは持ち家を考えるべきでしょう。
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://sumitaiyo.blog.fc2.com/tb.php/2-42933c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。