家・マンションに賢く住む方法
家やマンションを買う方も借りる方も、本当に楽しく気持ちよくそこに住めるのか、悩んでいることはないですか? このブログを読んで悩みを解消しましょう。
プロフィール

細麺堂々

Author:細麺堂々
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

人気ブログランキングへ

[ジャンルランキング]
ライフ
29134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
3547位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築か中古か
家やマンションを買う時、新築と中古どちらにするか迷われる方も多いのではないでしょうか。
新築であれば、当然だれも住んだことのない物件ですから、設備の何から何まですべてが最新。誰か住んだことがある物件のようなキズなどもなく、快適さは格別です。

ただ、それでもあえて言うと、買うなら中古のほうがお得です。


メリット1:同じような物件を新築の3割~5割引きで購入可能
中古は、新築よりも価格がかなり安いです。新築なら4千万円はする物件が、中古では2千万円台で手に入れることが可能です。
新築は、住んだ瞬間から値段が急激に下がっていきます。しかも、価格には宣伝費がかなり上乗せされているので、新築の購入者はその負担を背負わなければなりません。中古は新築の3割~5割引きで買えるわけですから、負担も非常に軽くて済みます。

メリット2:リフォームがしやすい
新築物件は、最初から設備が入っているので、設備の選択の自由度が非常に狭いのが特徴です。確かに新しい設備には目を奪われがちですが、システムキッチンなどのショールームに行けば、想像以上にキッチンなどの種類が多いことに気づくはずです。
中古であれば、例えば2部屋を1部屋に改造したり、クローゼットルームを増設したり、バリアフリー仕様にしたりなど、自分の思い通りの間取りや設備に変えることも可能で、より住みやすい環境を作り出すことが出来るのです。

メリット3:住環境を事前にチェックできる
新築の場合、隣にどんな人が来るのか、管理組合はちゃんと機能しているか、といったことを事前にチェックすることができません。マンションに至っては建物すら建っていないことが普通ですから、入居して初めて環境がわかるというリスキーな面があるのです。騒音や窓からの景色なども、住んでからでないと分かりません。
その点、中古ではこれらを事前にチェックが出来ますし、近所の人に住み心地を聞いたりなどすることも可能です。高い買い物なわけですから、形のない状態のものを購入する新築の怖さが一番現れる部分でもあるのです。

メリット4:物件の選択肢が新築よりはるかに多い
住む地域、広さなど、予算に応じていろいろ選べるのも、中古のメリットです。新築ですと思った場所に物件が出ていないことも多いですし、マンションだと抽選で気に入った階や部屋を確保できないことも珍しくありません。

メリット5:返済期間が新築よりはるかに短くて済む
中古であれば、もし頭金が500万円あれば、金利3%で換算すると20年ローンでも2,480万円の物件を購入し完済することが可能です。新築だとこの価格で購入すること自体都心では非常に難しくなります。


もちろん、みな同じ時期に入居するので近所づき合いがうまくいきやすかったり、新しいので快適という新築ならではのメリットもありますが、まずは中古のメリットとよく比較してから、それでも新築がいいかを考えるようにしましょう。
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://sumitaiyo.blog.fc2.com/tb.php/6-8b2e62ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。